アトピー肌の保湿方法

化粧品選びも難しい!?超敏感アトピー肌

250

アトピー肌の人は、健康な肌の人に比べて乾燥しやすく、外部からちょっと刺激を受けただけでも敏感に反応してしまうほどの超敏感肌
肌の表面の角質がささくれ、そのささくれで神経が敏感になり、異物が入り込んだり、体が温まる事で神経を刺激してかゆみを発生させます。
乾燥でカサカサになったしまった状態では、さらにかゆみが増してと悪循環。
まさに乾燥した空気はアトピー肌の人にとっては大敵なのです。

特に冬はアトピー肌の人にとってはとても厳しい時期となります。
汗をかきにくくなるので肌の表面が常に乾燥している状態になっており、さらに追い討ちをかけるように空気の乾燥がその状態を悪化させるのです。

そんな敏感な肌ですから、化粧水や化粧品を選ぶのも一苦労。
普通の人には問題なく使えるものも、アトピー肌の人には強い刺激となって使えないことも多いのです。
そんな状態ですから何を使えばいいのか、そしてどんな方法が肌トラブルを改善してくれるのか…なかなか難しい問題となっているのです。

アトピー肌の人の保湿方法

アトピー肌の人にとって乾燥は一番の大敵。
乾燥しないように保湿を心がけるようにしなくてはいけません。
ただ、そのためにと使っている基礎化粧品も刺激となって肌にダメージを与えることが多く、なかなか簡単に選ぶ事はできません。
選ぶ際は人気や実力も高く知られているものよりも、刺激の少ないものを試しながら選んでいくのですから大変です。

その刺激の少なさは、赤ちゃんも使えるほどのレベルのものでなくてはいけません。
よく「天然」とか「無添加」なんて表示されているものを見ると安心してしまいがちですが、必ずしも刺激がないとは限りません。
もしかしたら自分の肌には刺激を感じることもあるかもしれないので、使用する前にはパッチテストで必ず確認するようにします。

ちなみに、刺激の少ない化粧品としては、植物性グリセリン白色ワセリンベビーオイル馬油ホホバオイルオリーブオイルなどを使用した手作り化粧品などが挙げられます。

植物性グリセリンや白色ワセリンは薬局でも手軽に購入できますし、ベビーオイルは種類もさまざまなものが販売されています。
最近のベビーオイルは品質が向上しているだけでなく、オーガニックなどのこだわりも強いものが多いですから選ぶ範囲も広くなってきているのは嬉しい事です。

そして馬油は古くから使われている保湿剤として有名ですが、使うのなら純度100%のものにするようにします。
また、手作り化粧品は肌にあっているのかどうか十分にテストすることを忘れないようにしましょう。

夏の日焼け止めには赤ちゃんでも安心のオーガニック製品「ママバター」が人気です。